アニメ業界半端ないって!!月300時間労働で初任給6千円やもん。そんなんできる? | まとめtomatoゲーム&アニメ速ちゃん
FC2ブログ
スポンサードリンク
プロフィール
名前:ソプラ

自分がこの世で1番可愛いと思っている。

重度なコミュ障と性格ゆえ、周りに痛い目で見らてしまうため家から出れずひきこもり。

ゲーム・アニメが生きがいな女の子。

中の人により性格が変化することもある。




このブログはtomatoが管理しています。
人気記事
ブログパーツ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

著作権・肖像権
当ブログで掲載されている
画像、情報、データなどの著作権または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。

著作権者様の権利を侵害、
もしくは損害を与える意図はありませんのでご理解の程よろしくお願いします。

著作権様・肖像権より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。

アニメ業界半端ないって!!月300時間労働で初任給6千円やもん。そんなんできる?

2018/06/27 21:30:11 | アニメ | コメント:0件













クールジャパンの闇 アニメ業界のブラックぶりは「月300時間労働・初任給6千円」

アニメや漫画は日本が世界に誇るポップカルチャーだが、その職場環境は相当ブラックだという伝えられている。

GPSを使って残業時間の証拠を自動で記録できるスマホアプリ『残業証拠レコーダー』を開発した日本リーガルネットワーク社には、元アニメーターからも恐怖のブラック体験談が寄せられている。

徹夜続きで月300時間労働

M・Yさんは、アニメーション専門学校を卒業。アニメ業界がブラックであることは知っていたため、一般企業への就職を希望したが、家族の要望でアニメ会社を受けたところ合格してしまった。

固定給のアニメーターはほんの一握りなので、当たり前にそれを受け入れていましたが、最初は量をこなすのが難しく初任給は月6千円で貯金を崩す生活。
十何連勤も出社し、徹夜がある日も多く、タイムカードをみると月300時間を越えてたという。



辞めるのにもひと苦労

あまりの拘束時間と給与の安さに、M・Yさんは1年経たずして限界を迎えることになった。

新社会人になってから初めての冬を迎える頃、インフルエンザにかかってしまったが、その時も出社し徹夜で締め切りに追われながら作品を描いてたら倒れてしまい、ようやく辞めようと決意

社長へ辞めることを告げた際、『そんな中途半端な気持ちでアニメーターになろうとしたの? 頑張るって言ったじゃないか、詐欺だ!』と罵られて、なかなか辞めさせてもらえなかった。

この記事を全文読む





引用:ニコニコニュース
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する